指は自分からも他人からも

目立つ部分ですから毛を無くすことで、ネイルをしても美しく映えます。
しかし、脱毛をする際は気をつけなければならないデメリットがあります。
指は神経が集まっており非常に敏感な場所であるので、人によっては痛みを感じることがあるのです。

また、脱毛施術は1回で完了してしまうものではなく、定期的に施術をしなくてはならないため長い時間がかかります。
手に生えている毛は色素が薄いため、エステサロンでの光脱毛よりも、医療脱毛の方が効果がありますが、効果が高いこともあり、痛みがあります。

医療脱毛は、毛のメラニンに反応させ、毛根を破壊して脱毛させるので、デリケートな肌であれば、赤みややけどなどの肌トラブルを受けやすくなります。
特に人の目につきやすい部分でありますし、医療脱毛後は紫外線を浴びてしまうと色素沈着やシミの原因になるので、日焼け止めを塗ったり、手袋などをして紫外線を防止するケアも必要になるというデメリットがあります。

脱毛後の毛穴はとてもデリケートになっており、保湿をしながら清潔を保たないと肌が乾燥しやすくなったり、毛穴に雑菌が侵入して炎症を起こすことも考えられます。
医療脱毛の場合は、万が一肌トラブルが起こってしまった場合はすぐに治療を受けられますが、エステサロンでは治療が受けられないのです。
しかし、痛みが少ないということもあるため、痛みに弱い場合は痛みが少ないことをウリにしているエステサロンで施術を受けるのもよいでしょう。