医療脱毛は効果の高さから

多くの人によって選ばれていますが、メリットとデメリットに関してはどちらも存在すると言えます。
まずメリットに関しては、他の脱毛方法に比べて脱毛効果が高く、効果の持続期間も長いという点が挙げられます。
医療脱毛で使用されている脱毛方法はレーザー脱毛が主流となっており、これはエステでのフラッシュ脱毛とメカニズムの点では同じものですが、出力が高いことからムダ毛処理能力が優れています。

また、一通りの期間の脱毛完了後は半永久的にムダ毛が再生されなくなるとも言われており、長期間の効果の持続を期待する人にとってはもっともおすすめできる方法とも言えます。
さらに医療脱毛は皮膚科や美容クリニックといった医療機関での施術となるため、技術面や安全面で信頼できるという利点もあります。

医療レーザー脱毛は医療行為であるため施術には特殊な資格を必要とし、施術者の技術や知識に一定の水準があるため安心して施術を任せられると言えます。
一方のデメリットに関しては、施術時に感じる痛みの強さが挙げられるでしょう。
医療脱毛で使用されるレーザーはムダ毛の黒い色素に反応して熱のダメージを与え、毛根部分の細胞を破壊することで脱毛効果をあらわします。

そのためレーザーを照射した際には肌へも熱が伝わり、やけどのような状態となるため一瞬チクッとした痛みを感じます。
エステの光脱毛でも同じ現象が起きますが、レーザー脱毛では出力が高いために感じる痛みも強くなるのです。
痛みのデメリットはあるものの、やはり効果の高さではその他の脱毛方法よりも優れており、一定期間施術を続けることで永続性も期待できるため、施術することの利点は多いのではないでしょうか。


関連ページ:レーザーは時間がかかる?|町田脱毛どこいこ110番