安全性と脱毛効果が高い

と言われているレーザーを使用した医療脱毛にも注意点やデメリットをしっかりと知っておくべきです。

ます、レーザーは休止期の毛根には反応することはないため、対象の毛が成長期にならないと脱毛することができません。
自己処理でカミソリやシェーバーを使用するのは問題ありませんが、毛抜きなどで毛根ごと取り去ってしまうと、レーザーを照射しても効果がありません。
医療脱毛を検討しており、毛抜きで抜く自己処理をしている場合は、施術は2ヶ月後くらいに受けると脱毛効果を実感できます。

カミソリや毛抜きなどで自己処理を行うと肌が色素沈着してしまっていることがあり、黒ずみがひどい場合は施術が受けられないことがあり、レーザーで黒ずみを除去してから脱毛施術を行います。
色素沈着を除去するレーザーも、脱毛を行うレーザーも同じ性質のものを使用するため、脱毛施術をすると黒ずみが改善することもあります。

医療脱毛前後に日焼けをしてしまうと、レーザーはメラニン色素に反応して肌がやけどをしてしまうので日焼けは厳禁です。
色白の肌であるほうが、レーザーの照射出力を上げることができ、効果が高まります。
また、脱毛直後は、肌が熱を持った状態であるため赤みが出ますが、日焼けをすると色素沈着やシミができやすくなりますので、脱毛施術は夏ではなく冬や春などが適しています。

妊娠中は医療脱毛が受けられません。
レーザー照射は胎児や母体に影響を与えませんが、肌がデリケートになっている時期であるため、肌トラブルが通常時より過度に出る場合があります。
医療脱毛には健康保険が適用できません。
脱毛は美容を目的としており、治療ではないため、健康保険ではカバーできず、全額自己負担となります。
このように、医療脱毛にはデメリットや注意点があるので、脱毛方法を検討するときには考慮することが思わぬトラブルを起こさない事になるのです。


関連ページ:レーザーは時間がかかる?|町田脱毛どこいこ110番